Download Tag: 鎌倉

方丈記

方丈記
95 Downloads

鴨 長明(かも の ちょうめい、かも の ながあきら)は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての日本の歌人・随筆家。
『方丈記』(現代語表記:ほうじょうき、歴史的仮名遣:はうぢやうき)は、鴨長明による鎌倉時代の随筆[1]。日本中世文学の代表的な随筆とされ、『徒然草』、『枕草子』とならぶ「古典日本三大随筆」に数えられる。
800年程まえに幾つかの自然災害日本を襲い、その経験に基づいて「生活概念」を変えた鴨 長明と彼が綴られた災害時の富裕層の振る舞いは大変興味深い話です。