Author: Thomas

病院における漢方の使い方

残念ながら7月の末から八月の頭まで入院し、手術を受ける必要性あった。それはそれで結構だが、全身麻酔の後で腹が暫く動かないため、(ほぼ)全員に下剤が処方される。

そこで私は ー 看護師に聞いて全ての患者! ー 当たり前のように酸化マグネシウム(下剤の一種)と大建中湯が処方される。

余り文句ばっかりは言いたくなくて暫く大人しく飲んでいたが、効いている感覚はまったくなく、どちらかと言えば逆効果があった印象だ。なにも知らない私は口にはさむべきではないだろうが、どうしても一言を言いたい。となりのベッドの人に医者が今「漢方」を出しますと言って、その患者に聞こえる状況で「文句」を言うと困るが、他の患者が傍にいない時直接主治医にも伝えた。

医者が西洋医学の薬を出すなら「適応症」次第で「適切」な薬を選ぶが、大まかにワンパでしょう。大腸の手術を受けた人と腕の手術した人に対して多少病態を考慮かも知れないが、下剤は下剤だ。整形外科に行けば大多数の患者が「湿布、鎮痛剤、胃の薬」の魔法セットを貰う。どの患者に同じものをしか施さないならば、態々大学で勉強しなくてもよいような気がする。ひと時代前までではこの治療方針を取る医者を「葛根湯医」と呼ばれた(悪い意味で)。今のテレビ宣伝ではその「伝統」を受けつかれている:

>風にカコナール(葛根湯のこと)<

つまり、風邪をひいている全て(!)の患者に葛根湯を飲ませましょう。そんなことを言っている連中はよく恥ずかしくないな。

同じパターンは今回の大建中湯で現れた。ツムラは医者向けの虎の巻を見えれば、症状別に薬を選ぶようになっている。医者が「症状」=適応症を見ている。例のツムラのあんちょこでは大建中湯の適応症には「便秘」が含まれていない。仕様目標の最後の項目には「開腹手術後の腸管通過障害」ていど。

しかし、漢方では「適応症」ではなく「〇〇湯**証**」を見て薬を選ぶ。それは基本の基本だ。

大建中湯は原則として寒証と虚証に使うものだ。私はどちらもない。同じ病棟にこの薬を処方された患者のそれなりの割合も同じはずだから、症状が改善しないだけではなく、副作用も頻繁に出る筈だが、医者は最初から「漢方思考」を持っていないから、水戸黄門の紋章と一緒「目に入らぬ」でしょう。

つまり、医者が何の薬を出しているかが検討の付かず、副作用出ても別に構わないだろう。

西洋医学の薬をこの程度の当てずっぽうな選び方をすれば、医者の資格や医療教育の質に対する疑問が出るのでないないだろうか。主治医に話しかけた際、「大建中湯を登用すると腸の蠕動運動が改善されるエビデンスある」と答えた。成る程。「エビデンス派」の人だ。少々感染症の疑いがあったから、私にも「ケフレックス」と言う抗生剤を飲まされた。この抗生剤に関して恐らく殺菌作用ありとのエビデンスがある筈だ。しかし、感染症の疑いありの患者***全員***構わずケフレックスを飲ませるとはとても考えにくい。(それともここにも葛根湯医か)。

(正しい脾兪ではないが・・・)私の名前は Thomas Blasejewicz である事に関して動かぬエビデンスをいくらでもある。けれどもベッドサイドでは私の名前を踏み躙っていく通りにでも出ちあげた。つまり、エビデンスとベッドサイドは余り関係のない世界だ。

このような形で知らない人(医者!)が間違った方法で処方した漢方で副作用として死者が出たのは例の有名な小柴胡湯事件、90年代の前半が起きました。大々的新聞やテレビに報道された。その結果として厚生省がツムラを命じて、例の虎の巻でツムラ#9=小柴胡湯の前に、びっくりマークのついている真っ赤な注意書きを書き加えさせられた。

今回の「問題」は恐らくこの病院、この医者(名前は控えさせて貰う)に限らず、全国どこでも起きているだろう。医者としてこのような歴史資料に一度目を通して貰いたいし、医学教育として漢方を使う権利を与えるならば、最低の基本知識もしっかりと教育とすべきだろう。

患者の命が掛かっている。

説明はただ働き

患者は医療施設に受診し、検査結果のコピーを頂き、医者に妙な言葉で診断名が告げられ、また来週にいらっしゃいと言ったパターンは誰でもしている。その中に先ず問題になるのは診断名。例えば患者に「マイコプラズマ肺炎」、「C型肝炎」や「潰瘍性大腸炎」などの専門用語が突きつけられる。医者が肺炎は胸の病気、大腸炎は腹の病気だと解説が加えてくれるかもしれないが、患者がその事理解してもらったかどうかを確認する医者は、私の経験では殆どいない。

患者が病院の帰りに来院すると、「先生、〇〇病って何でしょうか」と聞かれる。そうすると出来れば患者が分かるような言葉である程度の理解が確認出来るまで説明する。左記の「ある程度の理解」は大半の場合患者が「なるほどね」と大きくうなずく仕草で表現される。問題は、私は「ただの鍼灸師」で、専門家ではないし、生きている百科事典のように、全ての病気の知識をもって、即座どんな質問にも答える能力(当然)はない。私はちゃんと説明できない時患者ががっかりする事もある。しかし、例の「〇〇病」を説明するのは、本来その診断名を使っている医者の仕事だと思う。

ここもまた保険診療の罠がある。つまり、説明するだけでは「点数」=保険会社に請求する診療報酬は殆ど稼げないから、医者にとって説明するのは時間と手間を掛かる割に収入に繋がらない → 要するに「ただ働き」になる。よって、そのような面倒な仕事は他人 → この場合私に押し付ける事が作戦でしょう。

例:5年まえに亡くなった義母に肺がんが診断された際、義母、妻と私は医者の説明を受けた。その説明は凡そ1時間も掛かった。(大病院勤務)医者としてお見事と思ったが、提案された大変苦しい検査法(気管枝鏡)で細胞を採集し、遺伝子情報に基づいて極めて高価の治療に賛同しなかった瞬間で態度が代わり、「その辺の開業医で診てもらいなさい」で説明会が終了した。その後会計で凡そ300円を払った。無論保険診療だった。保険会社から貰うお金を考慮しても、パートタイムの時給より安いかもしれない。その状況では医者が説明したがらないのは分かる。結果的患者が損する者になる。

Interface

Before a practitioner can start treating people, s/he must first find out what is wrong – as far as that is possible at all. Naturally there are many ways to do that and I am not going into the details of examination techniques. However, I am under the impression, that the Chinese with their intellectual world domination in this area have inspired many westerners in believing and practicing something that is usually “handled” (please observe the expression; there will be a few more instances of this kind of illuminating terms below) a little differently in Japan.

Since I have not had the opportunity to observe things directly in mainland China, reading through (Chinese influenced) reports, research material etc., or also material from China, I am also under the impression, that the authors gather information by taking the pulse, inspecting the tongue and some other bits of information to draw their conclusions based on the classifications the Chinese love so much and/or select the points for their treatment based on the theoretical instructions found in textbooks or the classics. It is of course laudable to know the textbooks and classics, but personally I very much doubt, they can tell you anything about any real patient. Just like the description of “pneumonia” in a textbook of medicine gives you an averaged, generalized model, but not the particular situation you encounter in patient “xxx”.

Although not all Japanese practitioners adhere to the practice I attempt to put into the words I chose below and which a patient of mine once has called “poking around”, I prefer it and believe a substantial number of other (Japanese) practitioners could offer the world here something, that may not really make the EBM enthusiasts happy, but provides a sometimes very enlightening “close encounter of the Japanese kind“.


Interface is a term usually used in relation to computer and machine technology. But I would like to express a few ideas pertaining to (physical) treatment, in particular acupuncture treatment, and borrow this expression for this particular purpose.

In the medical world it is common sense, that individual life forms, including single-celled microorganisms, plants, animals and man, have a body surface that forms the interface of this particular individual with the environment. Yet, in contrast to man-made devices, which are usually one out of a more or less large number of identical devices manufactured at a specific site with identical specifications, these life forms are always UNIQUE. Not one of these many “devices” (let’s call them units below) exactly matches any other unit, even if they are of the same species, like for example “man”.

Each individual unit is slightly different. For that reason the interface between the unit and the environment at any given moment in time is subject to a unique, highly specific set of parameters influencing both the unit and its environment. And because the specifications for each unit are unique, the interaction between the particular unit and the environment occurring at their common interface – in man the skin – also is subject to unique changes. That means, that no other unit would react in exactly the same way to a given, reproducible parameter/influence, like temperature or pressure.

In computer technology the status of the various devices and their respective hard- and software can be checked and a “digital output” of the relevant data prepared. In medicine, here I refer in particular to acupuncture, “running diagnostics” is also largely a “digital” process, because the practitioner uses his/her fingers = digits to literally READ information from the body surface of people/patients. But in contrast to this process in computer technology the diagnostic process in acupuncture exceeds the unidimensional digital level and becomes a “sensual” holistic process, in that it includes visual (inspection), audio (hearing, listening) and chemical (smell, but only RARELY taste) parameters.

In relation to the “EBM frenzy” currently almost everybody is looking for “reproducible, digital readouts” of this information: like temperature, pressure, electrical resistance etc. However, to the best of my knowledge, even if there are devices under development that may be able to test and measure some of these parameters like pressure, which would be essential for examining the pulse, these devices are still very far from reliably and meaningfully measuring the parameters they are designed for. The human touch still exceeds their capabilities.

Even if there were devices that would satisfactorily measure ONE particular parameter, a human (erratic as that may be!) practitioner would still integrate all the different modalities of into one whole (“holistic“) picture quite different from what any machine would produce. In addition, the practitioner him/herself too is a unique unit, which produces naturally a unique and not completely reproducible output. THAT is for all scientifically/technically inclined researchers believing in the holiness of EBM a horrible concept.

Now, the interface used for data collection, namely the two layers of the skin of both patient and practitioner approaching and in most instances also coming into contact with each other, are not unlike a telephone. (This is a metaphor I like to use, when I try to explain the situation to my patients and refer here only to palpation.)

On the “one hand” (please note THIS expression) the practitioner moves with his/her hand(s) over the body of the patient to collect = read the data written on the patient’s body surface. Although most patients are not really aware of them, for a practitioner with a little clinical experience there is a lot of information to read there, that will tell him/her about the past, present and future state/development(s) of the examinee. This is like listening to that person talking on the other end of a telephone.

During the treatment on the “other hand“, for which the hands do not even have to be lifted off the body = cut the connection, the same hand(s) of the practitioner provides some input for the system “patient”. That is then like responding to the person on the other end of the telephone line.

Modern telecommunication technology uses wired networks, where cables are used to connect different devices, and wireless networks using electromagnetic waves and fields. In medicine nothing substantially has changed in the technological setup of the wired and wireless networks (only our understanding of their functioning is growing) since their inception = billions of years ago. Practitioners use the hardware components for the wired networks, like nerves, muscles, bones etc. in order to receive/transmit physical stimuli/information = like nerve impulses traveling along nerves, or moxibustion induced chemical changes/substances propagated via the chemical transport system “blood”. For the wireless networks practitioners tap into energies and information in and also propagated along LAN channels that work without having their own hardware, in the field of acupuncture these are often referred to as meridians or also channels (note the similarity).

Actually, I have been called for help in my capacity as an acupuncturist via mail. However, as I said above, both patient and practitioner are unique individual units with their own unique specifications and therefore without exactly predictable reactions (to interventions). Thus, helping people over long distances is usually not working very well, because I as a practitioner have to do almost completely without data readouts from the malfunctioning unit (person). Therefore the attempts are in most cases bound to be unsuccessful.

The advice would be: get a piece of real “first-hand” human touch experience up close …… again those expressions …

Painful acupressure …

 This is UNACCEPTABLE!

The nails cut into the flesh!!
The other day I was asked to “evaluate” a DVD to determine, whether its translation and eventually publication in Japan is worthwhile.
While I was watching the DVD, featuring three professional therapists (all university graduates), I noted that ALL of them kept rings, watches etc. on their respective hands and at least two of the three had finger nails clearly extending beyond the finger cups.
Probably I am very old-fashioned, but I learned “in school” – this in itself does not mean anything – that professionals are not supposed (I think even prohibited by (Japanese) law) to have rings, watches … anything metal … on their hands during the treatment. Personally I am very much in favor of this idea and NEVER have anything metal or otherwise hard on/at my hands.
Again, when I was looking for some stuff and found on Wikipedia a picture of an acupuncture practitioner (see link). This clearly shows very long fingernails and even a mark on skin, where those finger nails have pressed into the flesh (of the patient/model).

Acupressure


http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/05/Acupuncture_point_Hegu_%28LI_4%29.jpg

This is UNACCEPTABLE!
The practitioner is hurting the patient.
Since Hippocrate’s time “Primum non nocere (first, do no harm)” is known to have utmost priority in all forms of treatment!!!

医療業務のあり方

同業者の悪口は言いたくありませんが、複数の患者から同じ診療所に関するかなり妙な話を聞かされたため、名前などを明かさない形で報告させて頂きます。残念ながらそのような状態は稀ではないようです。

* 例の診療所から往診してもらった当院に長年来院した高齢な女性がいました。話を聞いていると、保険を使って週2回ほど往診してもらい、それぞれの治療は15分程度で終わり、左程効果も感じなかったようです。しかし、半年に一度国から保険料はどれほど使ったかを報告するような葉書で記載されていた金額から逆算すると、一度の治療費は凡そ4300円でありました。鍼灸治療に保険を使うと一度の治療費は約1600円ほどです。参考まで。

* 四十代のビジネスマンが初めてその診療所に受診した際、先ず保険会社に提出する書類にサインして/判子をおして下さいと言われた。ビジネスマンですので直ぐ怪しいと思ったのは、書類に金額が書かれていませんでした。診療所で後に記入するそうです。ビジネスマンが商品=治療を「購入」させる際、先ず何より先に価格をはっきりしなければならないのは常識でしょう。通常の=真面目な仕事にありえない状態と思ったらしく、矢張り二度といきませんでした。

* 更に別の高齢女性が受診したが、相手(=診療所)の都合に合わせて、今度何日何時に来なさいの用に、その女性の都合や意向に合わないのに「強制的」に来させた。無論診療所は患者に対して「強制措置を施す」権利全くありませんが、年寄りの方なら何かの「先生」に「来なさい」と言われたら、従わなければならないような教育を受けていますから、仕方なく何度か受診しました。

このような業務は、お言葉ですが、金儲け目的しかないと思わざるを得ません。世間に疎い私には今風のビジネスは全く分かりませんが、どうむ賛同できないし、医学倫理にも「治療者気質」にも反しています。そのような診療所は世の中にあるのはとても残念です。

詐欺のトライ - 警察の対応

先日電話が入り、以前住んでいた家の害虫駆除契約の残高まだあるから、今の家を点検させてください。最初から非常に怪しいが、一応家まで来る事になった。

約束の日の前に警察署にいって、恐らく詐欺を試みている人が来ると相談し、警察官そこで立ち会ってくれるかどうかを尋ねた。「そう言う事はしません」との回答だった。

例の悪質業者が家に来た時、例の契約書を見せて下さいと要求した際、当然なかった。「言われた通りに動きますから、上の者に聞いてくる」と言いながら帰った。当然二度と連絡がない。

しかし、同じ手口でこの地域で他の老人(残念ながら私達もそれなりの老人になった)に家の点検を持ちかけて詐欺するだろう。老人は一応「弱者」だと一般的に認識されている。弱いものを標的し、意図的騙してしまう者は許しがたい「人でなし」と思う。「現行犯」ではないにしてもその場で警察官あの悪徳業者引き留めて、少なくとも身分を確認してくれたら、今頃老人の間広がってくる被害を幾分未然に防げるのではないかと思う。

車のパンフレット - 外国語

先日車屋さんで新車のパンプレットと貰った。ピカピカの写真とこの車は宇宙で最も優れている機械を描く説明文は結構だが、車の「装備」のリストを見てみると、先ずは技術系の外国語、個々では主に英語、を学ばないと、そのリストを読めない/理解出来ない。スキャンしたものを見て下さい。リストの項目をおおざっぱ数えた:凡そ66項目は縦に並んでいる。その中に日本語、少なくとも日本語で始まる項目は6個程。つまり、この「説明」は90%で外国語で掛かれている。その題は象徴的横文字で掛かれている。

このパンフレットは日本の車メーカーのもの。日本国内販売向けの車。この車を買うのは(正確の数字は知らないが)恐らく95%(かそれ以上)日本人である。これは強い劣等コンプレックスの象徴でしょうか。まるでシュレック(アニメ)が背の小さい悪役が極めて大きい「城」に住んでいる事が劣等感の現れかと問いかけているみたい。

遠方からの来院

以前からも東京や千葉の様な遠方から来院されたことある。十数年前に神奈川新聞で紹介された時取り敢えず神奈川県全域から来た。

昨年テレビに出た後で更に、群馬、静岡、長野。。。最も遠い所は愛知県だった。伊豆大島からも来た。

しかし、今日は他の用事の次いでではなく、専ら治療のためわざわざ飛行機で九州から来院した感謝がいた!今までの最高記録。

残念ながら恐らく治らない病気に患っていると思う。治らなかったらどうなるだろう。損害賠償?なにしろ、去年の例のテレビ番組で「できるならば一回の治療で患者を治したい」と言ったものだ。

社会人の常識(1)

いつも不思議に思う。いい年をしている社会人はまるで自分以外だれも存在しないように振る舞う。自分はそのような行為によって邪魔されたり/被害にあったら恐らく怒るだろう。ではなんで周りの人、他人の事を考えないのか。

無論全部ではないが、もうすでに数十年間社会が「デジタルの世界」に沈没し続けているから、人はもはや他人や外界に「目を向ける」必要がなくなり、いつも一人で独自の世界(バーチャル・リアリティ)にいる。違うかもしれないが、私はそのような印象をうけている。電車や町を見回すと、人の顔を見るより、携帯を凝視する人の方がアット的に多い。

これでは車が入れない
駐車場の入り口に斜め

治療院の例。駐車場一台分しかない。治療室にベッド2台ある。従って、来院している人以外にもう一人がいるか/これから来るかもしれない。それなのに自転車(→写真)あるいは原付バイク(→写真)で来院してくる人は自分の自転車/バイクが他人/車が入れないように置く。

それは少々お粗末ではないかと思う。それとも・・・私はただ煩いのでしょうか。

これで治療院の出入り口も半分塞がってしまい、やはり車が入れない

10月の桜

家の近く(30mほど)に大分荒れている山に桜の木がある。その周りに時々雑草と取り除くため、自分は勝手に「自分の桜」と思い込んでいる。今日見た所では2-3輪が咲いている事を発見した。

最近花の数は更に増えて、花の付近に新しい葉も出て来た。

桜の花が2-3輪が咲いている

治療院の所でもう8月からシクラメンが咲いていると似ているようだ。神様がご褒美をくれているかもしれない。

治療院の看板下にもう8月から「満開」に咲いているシクラメン